うにずむ

いっぱいある趣味を徒然

ぼっちでも写真を撮ろう。カメラのお供にダンボー買ったよ!

こんばんは、うに(@uni_ism)です。

カメラ関連のブログやサイトを眺めていると、しばしば見かけるダンボー。とっても可愛いですね。感情の読めない、ダンボールな表情。なんとも言えない愛らしさです。

カメラ女子にぴったりなダンボー写真を、わたしも撮るべく購入しました。

ダンボーとは

まんが、「よつばと!」に登場するキャラクターだそうです。

わたしは読んだことない。

すみません、いつか読みます。ちなみに登場するのは5巻だそう。

ちなみに読んだことないのでどんなキャラクターか知りません、すみません。いつか読んだら、ちゃんとキャラクター性についても言及したいと思います。でもきっといい奴だと思います。正義の味方的な。

キャラクター性については全くわかりませんが、このダンボーさんすごいんです。ダンボー写真家なる方が存在したりとか、写真集が発売されてたりとか。

Instagramの#ダンボーのハッシュタグだって大賑わいです。

ダンボーを買ったワケ

趣味が写真なわたし、旅行やお散歩にもカメラを持っていくんですが、

写真って難しい。

旅行でも景色の写真とかって、なんの面白みもない写真の量産になってしまうんですよね。基本的に動物ばっかりとって、もはやどこに行ったのかわからない写真とか。
同行者の彼が被写体になってくれればいいんですが、写真に写るの大っ嫌いなんです。

そんなわけで今回、旅行やお散歩のお供としてダンボーの購入に至りました。

買ってみて大満足


今回購入したのはこちら、【Amazon.co.jp限定】 海洋堂 リボルテックダンボー・ミニです。

Amazonのロゴ入り、Amazon限定商品です。通常サイズと、ミニサイズの2種類あるのですが、今回購入したのはミニサイズ。およそ8センチほど、手乗りサイズの小さい子です。

まだ外には連れ出せてないのですが、取り敢えず家の中で撮影してみました。結果としてとにかく大満足です。

箱が凝っているのがいい


まるでAmazonからのお届けものです。もう箱に入っている段階で可愛い。開けなくて可愛いなんてすごい。開けましたけど。使わないときは箱に戻して置いておいても、いいインテリアかもしれません。

開けても可愛い。かなりしっかりしたケースできます。付属のコンテナはリボコンテナという付属品やらパーツを入れておくコンテナです。ダンボーだけだったらあんまり使う機会はないみたいです。

可動域があるのがいい


海洋堂 リボルテックシリーズの特徴ですが、関節が可動するようになっています。
取れるポーズが多いわけではないのですが、この首の絶妙な傾き加減がいい。なんとも言えないこの首の角度、これが美少女なら恋に落ちること間違いなしです。

手足も多少動くので、ポージングの幅はあるように思いますが、
とにかく見上げているだけで可愛い。

可愛い子はそれだけで得する世の中です。羨ましい。

手のひらサイズがいい

8センチというと、このくらい。

わたしの手も小さいほうですが、それでもバリバリ手のひらサイズ。
ポケットにもすっと入りますし、カバンに入れても場所はとらないです。むしろカバンの中で迷子になりそうなサイズ。お散歩や旅行の際、このくらい荷物が増えたって何にも苦になりません。ジャケットのポッケに入れて、すぐ取り出して撮影できそうです。

あまりにも小さいので、ポツーンと素朴な感じになるのもナイスです。

むしろ、少し小さすぎるのかな。ものと一緒に撮ろうとしたら埋もれました。

目が光るのがいい

ピッカーン!!!!

スイッチで目が光ります。暗闇での撮影もありかも?ちなみに絶縁体がなかなか抜けず苦労しました。

少し日が落ちてきた屋外での撮影にも良さそうです。

早く外で撮影したい!

いかがでしょうか。とにかくダンボーの可愛さが伝わればと思います。

わたしも早くダンボーとお散歩したくてうずうずしてきました! あいにくのお天気で、今日もダンボーを連れ出して撮影することはできませんでしたが、近いうちに外で撮影して紹介したいと思います。

今回撮影に使用したカメラはわたしの相棒EOS80D、使用レンズはsigma art 30mm f1.4です。

明るい単焦点を持っているならダンボーを買わない手はないはず!

さあ、ダンボー連れてどこに行こう。とりあえず近所の公園かな。まだ使ってないけど、大きい子も欲しくなってきました。