うにずむ

いっぱいある趣味を徒然

iPhoneの画面割れを、あんしん保証パック(i)プラスを使って修理した話

f:id:unism:20180220213748p:plain

こんばんは、うにです。

突然ですが、

iPhoneの画面を割ってしまいました。

そのiPhoneをソフトバンクのあんしん保証パック(i)プラスを使って修理しました。

今回はその体験から感じたポイントをまとめていきたいと思います。今まさに画面割れで困っているあなただけでなく、スマホを使う全ての人の参考になれば。

iPhoneの画面が割れるまで

f:id:unism:20170926222247j:plain

ヒビから割れへ

去年の4月に購入してから、1年半ほど経つiPhone6S。

買ってからずっと画面保護シートを貼っていなかったのですが、手帳型のスマホケースに入れているし、まあいいだろうということで。
iPhoneはこれで3台目ですが、画面を割ったことなかったし。
それに、画面保護シートを貼ると画面が見づらくなったり、反応が悪くなったりするイメージがあったんですよね。

そんなわけで、画面は裸のまま使い続けていたところ、気づいたら画面外のガラスにヒビが入っていました。
いつ割れたのかもわからない、なぜ割れたのかもわからない。

ただタッチ操作に影響はないし、ヒビが入ったのは表示部分より外側だから画面表示にも問題ないし。
使用には全く問題ないかと、そのまま使っていたのですが、ついにそのときはやってきます。

ほんの、20センチくらいの高さだったと思います。 でもカバーを開いたままにしていたのがよくなかった。
画面上半分くらいに、大きなヒビが。

画面が割れても使える

画面は少し見づらいけど、普通に通話やLINEやTwitterなんかするぶんには、差し支えないです。

ただ、わたしは自分で撮った写真を確認したり、軽くレタッチしてInstagramに載せたりという使用方法なので、画面が割れているのは不便です。

しかも調べてみると、今は大丈夫でも後からタッチ操作ができなくなったり、場合によっては電源が入らなくなったりすることもあるらしい。

操作が全くできなくなってからでは遅いので、早めに修理に出すことにしました。


iPhoneを修理する

f:id:unism:20180221003735p:plain

iPhoneを修理する場合、大きくわけて4つの方法があります。

  1. Genius Bar(Apple Store)にもっていく
  2. Appleに送る
  3. Appleの正規のプロバイダへもっていく
  4. 非正規店で修理する

非正規店での修理は、Appleの正規のサービスを利用するよりも割安になる場合があります。しかしSoftBankの安心保証パック(i)プラスでは、非正規の店舗での分解・修理は対象外になりますので、注意が必要です。

今回わたしは、1のGenius Barを利用する方法で修理しました。


Genius Barを予約する

Appleのサイトか、アプリから予約できます。
アプリがとっても簡単でおすすめ。
お好きな方で、お好きな日時でご予約ください。

わたしは銀座のApple Storeしか使ったことないけど、とても混雑しているので予約必須です。

Apple サポート

Apple サポート

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

近くにGenius Barがない場合も、正規のプロバイダとなどで同等のサービスを受けられるようです。ご確認ください。

ちなみに、検索すると非正規の修理屋もでてくるのですが、わたしはパスしました。

安くて早いそうなんですが、一度非正規の修理などを受けるとAppleのサポート外になってしまうというのは不安なので。

Genius Barでの流れ

予約時間にApple Store銀座店へ。

待つこともほとんどなくスタッフがやってきたので、画面割れの状況とソフトバンクのあんしん保証パックを使いたい旨を伝えるとすぐに対応してもらえました。

画面のみの修理と、本体交換、どちらか選びます。
明らかに画面以外にも問題がある場合は、選ばずに本体交換になります。
修理の場合2〜3時間、本体交換ならばすぐに終わるとのことでした。 料金は変わってくるのですが、今後も使用すること、すぐに帰りたかったことなどを考えて、本体交換にしてもらいました。

料金については、Apple Storeのスタッフが説明してくれたのでのちほど。

手続きは簡単で、15分もせず交換が終わりピカピカな新品のiPhone6Sがわたしの手に。

ここで料金の支払いです。
あんしん保証パック(i)プラスでは修理代金は立て替えなので、その場で全額支払う必要があります。

あとは、発行してくれる明細書を受け取ればオッケー。

支払いを済ませてApple Storeを出るまで、わたしは20分くらいでした。早い。

これだけはくれぐれもお願いしたいのですが、
修理でも交換でも事前にバックアップをとることはお忘れなく!

申請と修理代金

立て替えた分を早く還元してもらわなければ困るので、忘れずに手続きをします。 わたしは帰って直やりました。
3ヶ月以内にやればオッケーみたいなので以外とゆるい。

申請手続き

もらった明細書を写真をとって送ればオッケーです。
とっても簡単。
送ってから10分もせず返事が来ました。
詳しい方法は公式がわかりやすかったのでそちらを。

www.softbank.jp

修理代金

これ、正直一番気になるところだと思います。
ソフトバンクの公式HPより↓

f:id:unism:20170926225709j:plain f:id:unism:20170926225712j:plain

ソフトバンクが負担してくれるのは、
修理にかかった金額(税抜)×80%
で、消費税と20%が自己負担になる形ですね。

(2017/9/26現在の料金です)

そして還元方法なんだけど、これが不親切。

  • 月々割引
  • ソフトバンクカードに一括還元

この2択です。現金での一括還元はなしです。

わたしはソフトバンクカードを使ってないので、月々の割引にしました。
しかしここにも注意が。

この割引、機種代には適応されません。
そしてソフトバンクを解約した場合は、還元が打ち切りになります!
もし、近いうちに解約を考えている方は一括還元にすることをお勧めします。

わたしの場合月々¥2689の還元です。契約期間内にギリギリもらい終わるような計算。

一括にしてもらえばよかったかも…。

ちなみに、あんしん保証パック(i)プラスは一度使用すると、6ヶ月は次の申請ができません!注意!

まとめ

  • iPhoneの画面が割れたら、正規のお店で修理を!
  • 修理をしたら、すぐにあんしん保証パックの申請を!
  • 修理代金の還元はソフトバンクカードへの一括還元がおすすめ!

といった、ところでしょうか。

そもそもわたしは画面保護シートを貼っていなかったことが問題。
修理後に即画面保護シートを購入し貼り付けました。

貼るのも簡単で、タッチや画面表示にも全く問題ありません。
最初から貼っておけばよかったです。
貼るのに失敗してもいいように3枚入りにしましたが、1回でばっちり貼れました。
まさか、この2枚が役に立つ日が来るとは…。
www.uni-ism.com
機種を長く使う予定のない人は、非正規店での修理もありですね。
また、あんしん保証パック(i)プラスは使用後半年は再度使うことが出来ないので、解約のタイミングにも注意が必要です。
iPhoneって高い買い物ですから、やっぱり保険は入りたいですよね。でも、よく考えないと結構損してるかも。

わたしもソフトバンクの2年縛りが切れたら格安SIMに乗り換えようと思います。
次はちゃんと、考えて契約しよう!