うにずむ

いっぱいある趣味を徒然

ディズニーヲタクのカバンの中身、何が入ってるの?便利グッズ紹介します!

f:id:unism:20180426092715p:plain

こんばんは、うに(@uni_ism)です。

皆さん、ディズニーライフ楽しんでいますか?
春になり気候も良くなってきたので、わたしはとっても満喫しています。

「ハピネス・イズ・ヒア」の終演、そして「ドリーミング・アップ!」のスタートとディズニーヲタクにとってはイベントが目白押しのこの頃。
ショーやパレードを長時間待つ、いわゆる「地蔵」をすることが多くなってきた時期でもあります。

今日は今週のお題「カバンの中身」にちなんで、ディズニーヲタクのわたしがディズニーに持っていくカバンの中身を紹介していきたいと思います。

ショーパレ派のカバン紹介!

Dヲタの中にも色んなものに対するヲタクがいますが、わたしはキャラクターの出演するショーやパレードが好きなヲタクです。「ショーパレ派」といわれたりします。

ショーパレ派のヲタクは同じショーやパレードを何回でも見ます。本当に何回でも見ます。1日3公演あるのなら、3公演見ます。それを何日間も繰り返したりします。
「飽きないの?」と聞かれることがありますが、飽きません。

基本的にショーパレ派のヲタクは、自分の見たいポジションに一日中いる生き物なのであんまり動きません。逆にずっと同じところで過ごすので、その場での過ごしやすさを重視しています。

「ディズニーに行くときは動きやすさを重視!」みたいな世間の理を無視して、大荷物になりがちなのがショーパレ派のヲタクの特徴です。

ショーパレ派の他にも、キャラクターとのグリーティングを楽しむ「キャラグリ派」や、アトラクションを楽しむ「アトラク派」などがいたりします。

今日は、ショーパレ派のヲタクであるわたしのカバンの中身を紹介していきます!

カバンは大容量リュック

f:id:unism:20180426085212j:plain
大きいぬいぐるみもカメラも入る

長時間ショー待ちするときはヤックパックのリュックを使っています。

とても大きいので、小柄な女が背負うと背負われてる感がかなり強いです。

ただ、とにかく大容量で丈夫なので使いやすさは抜群!

ショルダー部分もクッションがしっかり入っているので、重たい荷物も肩への負担が少ないです。
ポケットが多数あるので、しっかり整理して収納できるところが気に入っています。

ショーパレ待ちは地面にじかにカバンを置くことも多いので、汚れにくかったり洗いやすかったりというのもポイントです。
このリュックはナイロン製なので、濡れたふきんで拭けば大体きれいになります。

デザインもシンプルな黒なので、性別やファッションを問わず使えるよ!

荷物が少なめの日はメッセンジャー

大きい望遠レンズが必要ないとか、あんまり長時間待つ予定じゃない。そんな時はメッセンジャーバッグで行くことが多いです。
見かけによらずたくさん入る、マンハッタンポーテージのメッセンジャーがとってもお気に入り!

詳しくはこちらで記事にしています。

あわせて読む

www.uni-ism.com

おしゃれ女子はトートバッグで

ディズニーのショーパレ待ちでよく見るのは、大きめのトートバッグ+ミニトートの組み合わせです。

キャラクターの柄入りのトートバッグ・ミニトートは、パーク内やディズニーストアなどでも多数販売しています。お気に入りのキャラクターのバッグを使うのもいいですね。

カバンの中身

普段わたしがディズニーリゾートに行く際のカバンの中身を紹介していきます。
基本的には天候やその日の過ごし方を考えて、この中から必要なものを持っていく形です。

レジャーシート・折り畳みクッション

f:id:unism:20180426085205j:plain

この2つはショーパレを待つうえでは欠かせないグッズです。
どちらもパーク内で購入できます。

  • レジャーシート ¥600
  • 折り畳みクッション ¥1,200

レジャーシートはイベントごとに発売されています。収納用のバッグ付きで、カバンの中にしまう際にも汚れたりしないので便利です。

大人2人が座れるサイズなので、カップルで座ったりカバンを置いたりもできます。

折り畳みクッションは適度な厚みと硬さがあり、長時間座っていてもお尻が痛くなりません。また、寒い時期には防寒対策にもなるので1枚は持っておいて間違いなしです!写真以外にもいくつかのデザインが販売されています。

100円ショップでも買えるけど、使いやすさを考えたらパーク内で買うのがおすすめ!

折り畳み椅子

長時間ショーパレ待ちをすることを決めている日に持っていきます。折り畳みクッションより重たいですが、抜群に疲れにくいです。
また長時間地面に座っていると足がしびれたり、足を崩したくなったりしますよね。

ディズニーシーはランドに比べショーを待つスペースが狭いことが多いので、なかなか動くことができません。そんな時この椅子が活躍します。

背もたれ付きのほうが座り心地はいいですが、少しかさばります。わたしは背もたれのないものを使っています。

日焼け対策グッズ

長時間のショーパレ待ちに日焼けはつきものです。

はっきり言って、夏以外でも日焼けします。

そのため日焼け対策は必須です。

  • 日傘
  • 日焼け止めスプレー
  • UVカットリップ

日傘

日傘は季節問わず必要なアイテムだと、舞浜に通いだして知りました。
一日中ショーパレ待ちをしていると、夏以外でも「あれ?顔ひりひりしてる…?」となることがあります。
日差しがないと寒くて凍え死ぬ真冬以外は日傘を差しています。

天候の変化に対応できる晴雨兼用傘がおすすめです。
わたしは持ち運びはコンパクトなのに、遮光ばっちりなこちらを使っています。

日焼け止めスプレー

日焼け止めクリームは塗ってから出かけますが、汗をかくと落ちてしまいますよね。
塗りなおすのは手間ですが、日焼け止めスプレーなら簡単に塗りなおせて便利です。

※吸い込むと体に良くないので、人の少ないところでやってます。パーク内は人が多いので、他の人に吹きかけないように配慮が必要です。

UVカットリップ

日焼け対策を怠りがちな唇ですが、かなり日焼けします!

唇の日焼けは、乾燥の原因にもなります。
UVカットリップで簡単に対策できるので、絶対に塗っておきましょう。

一日中ショーパレ待ちすると、顔と唇がひりひり。唇がやたら剥けることもあるから、日焼け対策しないとまじで後悔する。

暇つぶしグッズ

ショーやパレードは数時間おきの公演なので、その間はやることがありません。

ぼっちのショーパレ派にとっては、暇な時間が山ほどあります。

  • モバイルバッテリー
  • 本・雑誌
  • タブレット

モバイルバッテリー

一人ディズニーではスマホのバッテリーが光の速さでなくなっていきます。
大容量のモバイルバッテリーがおすすめです。

少なくとも2回はフル充電できるようなものがあれば安心だと思います。

わたしはこのモバイルバッテリーをいつも持っていきます。ポートが2つあるので、ゲーム機なども同時に充電できて便利です。
約250gの重量級ですが、安心感は十分です。

本・雑誌

屋外でのショーパレ待ちは日差しが強く、液晶画面が見づらいことがあります。
ゲーム機より本や雑誌のほうがストレスなく楽しめることが多いです。
最近の雑誌はカバンに入れやすいミニサイズを出していることも多いので、持ち歩きやすく重宝しています。

ゲームもいいけど、屋外の直射日光では3DSの画面はほとんど見えないし、いまのところSwitchやってる人も見たことないので、おすすめしません。

カメラ・お手入れグッズ

必ず持っていくものの一つがカメラです。
同じショーやパレードを何度も見る理由の一つに、「写真を撮りたい」というのがあります。
ショーやパレード以外に、風景や食事を撮るのにも使っています。

  • カメラ
  • レンズ
  • レンズペン

これらのカメラ関連グッズは、カバンの中でまとめてインナーバッグに入れています。
これがあると、カメラバッグ以外にも一眼レフなどのカメラを安全に収納できるのでおすすめです。
わたしの使っているインナーバッグは、カメラ本体・レンズ2本・ちょっとしたお手入れグッズが収納できます。

カメラ

1年半ほど前から、EOS80Dを使っています。
わたしにとって2台目の一眼レフですが、使いやすくとっても気に入っています。
一日使ってもバッテリーが切れないので、予備バッテリーも必要ありません。

本当にいいカメラなので、今度しっかり記事にしたいと思います。

レンズ

一眼レフの醍醐味は、レンズ交換をして色んな写真を撮れることです。
その日見るショーや場所によって持っていくレンズは変えますが、2~3本持っていくことが多いです。

望遠+標準の組み合わせでもっていくと、いろんな場面に対応できます。
最近は18-300mmの便利ズームと30mm単焦点の組み合わせが多いです。

その他にも、超広角・超望遠を持っていくこともあります。

レンズについても今度ゆっくり書きたいと思います。

便利ズーム便利すぎてほとんど便利ズームで済ませる問題が、最近のわたしの問題。

お手入れグッズ

外でレンズ交換することもあるので、簡単なお手入れグッズは持っていきます。
自宅で使用しているブロアーの他に必ず持っていくのが、レンズペンです。

レンズペン本当に使いやすいから、みんな買ってください。

片側がブラシに、片側がチップになってるペンなんだけど、これ一本でレンズについた汚れは大体落とせます。

たまにティッシュとかハンカチとかでレンズ拭いてる人見かけるけど、レンズが傷つくしレンズペンのがかさばらないので、まじでレンズペン買ってください。

ぬいぐるみ

f:id:unism:20180426085209j:plain
ちょうどいいサイズのグーフィー

ディズニーランドでパレード待ちをするときはよく持っていきます。このグーフィーはパーク内で購入しました。

座り見の最前列でぬいぐるみを出すのは、キャラクターへのアピールとして最強です!

あまり大きいものは周りの人の邪魔になるので注意しましょう。
小さくてかさばらないちょっこりさんもおすすめ。

いつも持ち歩いている便利なもの

他にもパークに行くとき以外にも持ち歩いているものが入っています。

ウェットティッシュ

手がべたつくのが嫌いなので、必ず持ち歩いています。
ぼっちのショーパレ待ちは、お手洗いに立つのも気を遣うのであると便利です。

エチケットブラシ

黒いバッグは埃が目立つので必ず持ち歩いています。
パーク外でも、人に会う前などちょっとしたタイミングで使えるのでおすすめ。
かさばらないポケットタイプが便利です。

まとめ

長くなりましたが、ディズニーヲタクのカバンの中身でした。

普段パークで目にする荷物の多いヲタクたちは大体こんなものを持っています。
皆さんも今日紹介した便利グッズを使って、快適にショーパレを楽しんでくださいね。

パーク内ではルールを守って周りのゲストの迷惑にならないように、地蔵ライフを楽しみましょう!

あわせて読む

www.uni-ism.com