うにずむ

いっぱいある趣味を徒然

2018年上半期に購入してよかったもの

f:id:unism:20180705151612p:plain

こんばんは、うに(@uni_ism)です。

早いもので2018年も半分が過ぎ、あっという間に7月になってしまいました。

上半期は引越しもあり、いつも以上にたくさんの買い物をしました。
良いものもあれば、悪いものもあり。

今日は2018年上半期に購入してよかったものを紹介していきます。

今週のお題「2018年上半期」

便利ズーム

f:id:unism:20180705140651j:plain
便利ズームで撮影した写真

幅広い焦点距離をカバーしてくれる高倍率ズームレンズです。
各社様々なレンズがありますが、わたしが購入したのはSIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMです。

18-300mmという焦点距離は、ダブルズームキットの2本分(プラスα)をカバーしてくれるものです。
このレンズ、特に旅行で活躍してくれました。

状況に合わせてレンズ交換するのは一眼レフの醍醐味です。
一人のときはのんびりレンズ交換してゆっくり撮影を楽しむのもいいでしょう。
ただ、人と一緒だとそうはいかないですよね。

そんな時、付け替えなしで広角から望遠まで撮影ができるこのレンズは正義だと感じました。

「便利ズームは解像度が悪い」なんていう人もいて、わたしも今までは敬遠していました。
でもいざ使ってみると、素人が趣味で旅行写真を撮るには十分です。

暗い室内などでは物足りなくなることもありますが、基本的にはこれ一本で十分です。

いまではSIGMA 30mmの次に使っているレンズです。

ミニ三脚

Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVOは、ちょっとした物撮りにもってこいの卓上三脚です。

主にメルカリの出品用写真や料理の撮影に使っています。
暗くなりがちな室内では、三脚使用でシャッタースピードを落とせると撮影がスムーズになります。

思いがけずペットの写真・動画撮影でも重宝しています。

Amazonで壊れやすいとのレビューもありますが、購入から半年ほど問題なく使えています。

本当にコンパクトなので、持ち運びにも困りません。

Anker PowerCore Fusion 5000

コンセントに直接さして使えるモバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーはたくさん持っていますが、一番持ち出しの頻度が高いのがこのAnker PowerCore Fusion 5000です。

コンセントから直接充電することができるので、別で充電器を持つ必要がなくなるのが何よりの利点です。

また、最近は居酒屋やカフェなどでも、コンセントを利用できるところが増えています。
そういったちょっとした時間に、手軽に充電をできるというメリットもあります。

サイズもコンパクトで、iPhone8を2回充電できる容量があるので必要十分です。

メッセンジャーバッグ

f:id:unism:20180404182511j:plain

3月初めに購入したマンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグは、毎日のように使っています。
防水スプレーを吹きかけておけば、雨もそんなに気にならないし、汚れたら拭けばいい。
地面に置いたり、5キロ近い荷物を入れたりしていますが汚れや痛みは全く気になりません。

見かけによらずたっぷり入るので、あれこれ荷物が多くなるタイプの人にはもってこいです。
体にフィットする背負い心地も最高なので、サイズ違いでもう一つ買おうかと検討中です。

あわせて読む

www.uni-ism.com

デルフォニックス インナーキャリング

f:id:unism:20180705141211j:plain
Mサイズは小物入れに最適

キャンバス地のインナーバッグです。

3サイズ展開されている中で、MとA4を購入しました。
Mサイズはマンハッタンポーテージメッセンジャーバッグに入れてバッグインバッグとして、A4サイズはPCケースとして使っています。

小さいポケットにはフタがないので、ペンやメモなどの頻繁に使うものが取り出しやすく整頓できるので重宝しています。
どのサイズもポケットが多く、カバンの中が小物で散らかりがちな人におすすめです。

A4サイズは多少のクッション性があるので、カバンに直でPCを入れるより安心感があります。
ポケットはA4クリアファイルも入るサイズなので汎用性があり、カバンの中を散らかさずに済みます。

生地は丈夫でカラーバリエーションも豊富。
ビジネスマンから大学生、かわいいものを使いたい女子にも使えるデザインになっています。

Sサイズも欲しい。

キングジムスーパーハードホルダー

硬めの書類ホルダーです。
リュックやメッセンジャーバッグを使用していると、クリアファイルに入れても書類が折れ曲がってしまうことがよくあります。
このホルダーを使えば、リュックにA4の書類を入れても、折れ曲がりません。

「通常のクリアーホルダーの約3倍の厚みのあるシート」というのは、言葉ではわかりづらいですが、使ってみるとその硬さがわかります。
机のないところで、下敷きボードとして使用することのできる厚みです。

ポケットが複数のものもあるので、書類を分類しておくことも可能です。

テーブルハンガー

f:id:unism:20180705141641j:plain
キッチンで布巾干しとして

濡れたまま放置すると臭くなりがちな布巾干しとして購入しました。
干せる枚数も多いのでストレスなく使えるし、畳めばコンパクトなので置き場所にも困りません。

雨の多かった最近は、タオル干しとしても大活躍です。

また、名前の通りランドリーテーブルとしても使えるので、洗濯を干すときにカゴをおいても使えます。
これが結構便利で、数ある布巾干しの中でこれにしてよかったと思います。

組み立ても不要で、安定感もばっちり。
やや割高ですが、長く使えそうです。

まとめ

購入したものが多かった2018年上半期ですが、失敗したなと思うものも多数ありました。

今回おすすめしたものは、本当に毎日のように使っている「あたり」のものです。 もう少し無駄遣いを減らして、高くてもいいものを買う生活をしたいと思います。